近年では仮想通貨の話題を良く聞くようになってきており、興味を持っている人も多いでしょう。

仮想通貨の取引をするには専用の仮想通貨を取り扱っている取引所に登録しなければなりません。仮想通貨取引所の1つとして、日本国内で代表的な会社がビットバンクです。

取引所とは利用者同士が仮想通貨の売買を行うネット上のサービスを行っている会社のことを表しています。ビットバンクではビットコインなどの仮想通貨の先物取引を行えます。

2種類の取引サービスを提供している会社で、現物取引と先物取引を行うことが可能です。ビットバンクの設立は2014年で資本金は約11億円です。

日本人の経営者が運営をしており、ブロックチェーンを利用した仮想通貨の取引が行える点が特徴です。ビットコインの他にもリップルやイーサリアム、モナーコイン、ビットコインキャッシュなどの取引ができます。

ユーザーは必ずしもビットコインを買わなければならないこともなく、その時点での安い価格で入手できる他の仮想通貨を購入して、値段が上がった頃に売却することで利益につなげることが可能です。

仮想通貨を取引したときには手数料がかかりますが、主に3種類の手数料があります。日本円を入出したときに発生する手数料と、仮想通貨を入出した際にかかる手数料、マーケットでトレードしたときにかかる手数料です。

ビットバンクではキャンペーンが行われていることもあり、手数料が無料になるキャンペーンもありますので、その期間内には積極的に取引することで利益を上げることを狙えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です